So-net無料ブログ作成

『はやぶさ君』のカプセルが無事日本に到着し、分析へ!! [国際・政治情勢]

「「はやぶさ」カプセルが日本到着、分析へ

2010年6月18日(金)1時36分配信 読売新聞

20100618-879900-1-N.jpg
チャーター機からトラックに運ばれる試料カプセルが入ったケース(17日夜、羽田空港で)

 小惑星探査機「はやぶさ」の試料カプセルが17日深夜、チャーター機でオーストラリアから羽田空港に着いた。

 カプセルはトラックに移し替えられ、18日未明に宇宙航空研究開発機構の分析施設(神奈川県相模原市)に到着する。

 14日に同国南部のウーメラ砂漠で回収されたカプセルには、小惑星イトカワで採取を試みた砂や微粒子が入っている可能性がある。これらを分析することで、初期の太陽系の成り立ちを解明できると期待される。

 カプセルは輸送時に破損しないよう、窒素で満たした風船の中に入れられ、さらに振動を吸収する専用ケースに収納。日本時間17日午後2時20分ごろ、ウーメラ空港でチャーター機に積み込まれた。宇宙機構で進める砂などの分析は、地球上の物質が混入しないよう細心の注意が必要なため、数か月かかるという。

 一方、宇宙機構では18日午前0時過ぎから、カプセルの帰還を祝う相模原市主催のセレモニーが開かれた。正門には「夢と希望をありがとう はやぶさ」と書かれた横断幕。プロジェクトマネジャーの川口淳一郎・機構教授(54)は、市職員から「無事帰還、おめでとうございます」と花束を贈られると、満面の笑みを浮かべ、「ありがとうございます」と頭を下げていた。」


『はやぶさ君』のカプセルが無事日本に帰ってきました。これで、もし、小惑星イトカワで採取を試みた砂や微粒子が入っていたら、太陽系の成り立ちの謎が明らかになる訳ですね。分析は、地球上の物質が混入しないよう細心の注意が必要なため、数ヶ月かかるそうですが、イトカワの砂や微粒子が入っていたらいいですね。
関係者の皆さんはお疲れ様です。

はやぶさ―不死身の探査機と宇宙研の物語 (幻冬舎新書)

はやぶさ―不死身の探査機と宇宙研の物語 (幻冬舎新書)

  • 作者: 吉田 武
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2006/11
  • メディア: 新書



宇宙開発の50年 スプートニクからはやぶさまで (朝日選書 828)

宇宙開発の50年 スプートニクからはやぶさまで (朝日選書 828)

  • 作者: 武部 俊一
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞社
  • 発売日: 2007/08/10
  • メディア: 単行本



小惑星探査機 はやぶさの大冒険

小惑星探査機 はやぶさの大冒険

  • 作者: 山根 一眞
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2010/07/29
  • メディア: 単行本


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。