So-net無料ブログ作成

『はやぶさ君』快挙、民主党の予算削減で後が続かず!?『はやぶさ君』奇跡の帰還に生中継なし、テレビ局に失望と批判の声!! [国際・政治情勢]


【MMD-PV】Starduster 「はやぶさ」~はじめてのおつかい~

「「はやぶさ」快挙、予算削減で後が続かず?

2010年6月14日(月)15時36分配信 読売新聞

 宇宙航空研究開発機構は後継機「はやぶさ2」の計画を進めている。

 文部科学省は昨夏、今年度予算の概算要求に17億円を盛り込んだが、政権交代を受けた予算削減で3000万円に縮小。製造に着手できなかった。

 はやぶさ2は、目標とする小惑星と地球の位置関係などから、2014~15年に打ち上げないと、次の機会は10年以上も先になる。来年度には製造に着手しないと間に合わない。川端文部科学相は11日、「(はやぶさの実績が)次につながるようにしたい」と述べた。

 ただ、財政状況は厳しい。宇宙開発の今年度予算は3390億円で前年度比2・6%減。今後も大幅増は見込めない。はやぶさの快挙をどう生かすのか、注目される。」

「はやぶさ、後継機の予算3000万に縮小…着手できず

2010年6月14日 読売新聞

 宇宙航空研究開発機構は後継機「はやぶさ2」の計画を進めている。文部科学省は昨夏、今年度予算の概算要求に17億円を盛り込んだが、政権交代を受けた予算削減で3000万円に縮小。製造に着手できなかった。

 はやぶさ2は、目標とする小惑星と地球の位置関係などから、2014~15年に打ち上げないと、次の機会は10年以上も先になる。来年度には製造に着手しないと間に合わない。川端文部科学相は11日、「(はやぶさの実績が)次につながるようにしたい」と述べた。

 ただ、財政状況は厳しい。宇宙開発の今年度予算は3390億円で前年度比2・6%減。今後も大幅増は見込めない。はやぶさの快挙をどう生かすのか、注目される。」

「科学予算削減の民主、はやぶさ絶賛は「現金過ぎ」

2010年6月14日(月)20時12分配信 読売新聞

 「世界に冠たる快挙」なのに予算は減額? 

 宇宙航空研究開発機構の小惑星探査機「はやぶさ」の帰還に、菅内閣からは14日、冒頭の仙谷官房長官の発言をはじめ絶賛が相次いだが、科学技術予算を削り込んできた民主党政権の“現金さ”にあきれる声も出ている。

 菅首相は同機構の川口淳一郎教授に電話し、「日本の技術水準の高さを世界に強くアピールした」と称賛。宇宙開発担当の前原国土交通相も「宇宙開発史に画期的な一ページを加えた」との談話を発表した。

 しかし、後継機の開発費は、麻生政権の2010年度予算概算要求時の17億円が、鳩山政権の概算要求やり直しで5000万円に、さらに「事業仕分け」を経て3000万円まで削られた経緯がある。福山哲郎官房副長官は記者会見でこの点を問われ、「今回の成功を受け、11年度予算は検討したい」と述べた。」

「はやぶさ後継機仕分け、枝野氏「工夫求めただけ」

2010年6月14日(月)22時51分配信 読売新聞

 民主党の枝野幹事長は14日の記者会見で、昨年11月の事業仕分けの際、小惑星探査機「はやぶさ」後継機開発などの衛星関連予算を「1割削減」と判定したことについて、開発の必要性は否定しなかったと釈明した。

 枝野氏は当時、仕分け人の統括役を務めていた。

 枝野氏は「もう少し工夫すれば、少ないお金で同じ効果を上げられるのではないかという議論だった」と強調。今後については「成果につながることを続けることは、決して否定していない」と述べた。」

「「はやぶさ」奇跡の帰還に生中継なし テレビ局に失望と批判の声

2010年6月14日(月)19時16分配信 J-CASTニュース

JCast_68754.jpg
オーストラリア南部の砂漠で発見された「はやぶさ」のカプセルとパラシュート=JAXA提供

小惑星探査機「はやぶさ」の大気圏突入では、「ユーストリーム」や「ニコニコ動画」では、多くの人が生中継に見入り、はやぶさの最後の姿を見届けた。ネット上での関心度は非常に高く、中継サイトはパンク状態。ところが、地上波で生中継をしたテレビ局は皆無で、放送局に対する失望の声があがっている。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)が2003年5年に打ち上げた「はやぶさ」は、05年11月には地球から約3億キロ離れた小惑星「イトカワ」に着陸。砂や石の採取を試みたが、燃料漏れが発生。約7週間にわたって通信が途絶した。

<「ニコニコ動画」や「ユーストリーム」大人気>

エンジンなどの故障にも見舞われ、当初の予定か3年遅れで地球への帰還となった。「はやぶさ」は10年6月13日にカプセルを分離し、同22時51分(日本時間)ごろ、オーストラリア上空で大気圏に突入し、強い光を出しながら落下した。

「奇跡の帰還」と言われるだけに注目度も高く、帰還の様子を中継したJAXAのサイトはつながりにくい状態が続いたほか、「ニコニコ動画」の特番も延べ約21万人が視聴。サイト内でもかなりの人気で、「プレミアム会員」と呼ばれる有料会員ですら見られない人がいた。和歌山大学のチームが現地から「ユーストリーム」で配信していた動画も、やはり「重い」状態が続いた。

「重い」という制約はあるものの、いずれの動画中継でも「はやぶさ」の大気圏突入をネット利用者は目撃することができた。対照的なのがテレビで、地上波で生中継した局は皆無だった。

大気圏突入の瞬間に生放送の番組を行っていたのは、NHK(総合)と、フジテレビだ。NHKはワールドカップのセルビア対ガーナ戦を中継する一方、フジテレビは情報番組「Mr. サンデー」で、「消費しない若者たちのホンネ」と題した特集を放送していた。

なお、翌6月14日の朝刊各紙の多くは、このニュースを1面のトップにもってきており、総じて、ニュースとして価値が極めて高いと判断されていることが分かる。にもかかわらず、6月13日深夜の段階でのテレビ各局の扱いは、非常に小さいものだった。

NHKは、突入からおよそ1時間後の23時48分から約10分間にわたってニュースを放送したが、はやぶさの話題は「完全スルー」。さらに1時間後の午前1時のニュースで、初めて大気圏突入の映像を放送した。

<NHK「回答は控えさせていただきます」>

民放は、日本テレビが1時3分、TBSが0時43分、フジテレビが23時45分に短く報じたものの、現場からの映像はなく、いずれもJAXA提供のCGが流れるのみだった。テレビ朝日とテレビ東京は、帰還の話題を取り上げることすらしなかった。

テレビでの生中継がなかったことに対して、ネット上では失望の声が多くあがり、その矢面に立たされた形なのが、NHK広報局のアカウント(@NHK_PR)だ。最初は

「大気圏突入のタイミングには、ちょうどW杯の試合を放送しているので、生中継は難しそうです」
などと冷静に理解を求めていたのだが、大量の批判に

「あまりの数に圧倒されておりまして…」
と困惑。

「さすがに限界かも知れません」
と、心が折れたかに見える書き込みもあった(すでに削除)。

ネット上では「大ブーイング」といった様相だが、NHKの広報局によると、

「『はやぶさ』に関するお問い合わせなどは寄せられていますが、件数は集計していません」
と、実際にNHKに意見した人がどの程度いるかは不明だ。また、生中継を見送った理由については

「回答は控えさせていただきます」
と、回答を拒否した。

なお、6月14日朝からは、各局とも比較的大きめの取り扱いをしている。

JAXAは6月14日夕方になって、カプセルの回収に成功したことを発表している。」

「はやぶさ:カプセル回収へ 豪の「聖地」に着地

毎日新聞 2010年6月14日 12時08分(最終更新 6月14日 12時25分)

20100614k0000e040069000p_size5.jpg
7年ぶりに無事ウーメラ砂漠に着地し、ヘリコプターによって発見された小惑星探査機はやぶさのカプセル(左)。パラシュートが開いた様子が見える=2010年6月13日、宇宙航空研究開発機構提供

20100614k0000e040070000p_size5.jpg
はやぶさのカプセルの落下地点

 【ウーメラ(オーストラリア南部)永山悦子】宇宙航空研究開発機構(JAXA)は14日、地球へ帰還した小惑星探査機「はやぶさ」が切り離したカプセルの回収作業を始めた。小惑星イトカワの岩石が入っていると期待されるカプセルは14日夕方までに回収され、厳重な梱包(こんぽう)作業を経て、18日にも日本に到着する予定だ。

 JAXAは14日午前、回収に向けた最初の作業として、豪先住民アボリジニの人々への説明を豪空軍に依頼、着地点への立ち入りなど回収作業への了解を求めた。着地点周辺がアボリジニの「聖地」にあたるためだ。

 また、JAXAは同日、カプセル発見時の航空写真を公開した。13日深夜、豪空軍のヘリコプターから撮影した。低草が点々と生える赤茶けた砂漠の上に、耐熱構造のカバーが外れたカプセルが着地し、金属特有の光沢を放っている。カプセルは直径30センチ、高さ15センチ、重さ6キロ。傍らにはパラシュートがあり、予定通りに開いて着地した様子が分かる。着地点は、最終的に風で少し流されたものの、はやぶさの軌道などから事前に予測していた着地想定地域のほぼ中央だったという。一方、落下途中ではずれた耐熱カバーは引き続き捜索している。

 14日午後には、研究者ら8人がヘリで現地へ向かい、カプセルの状況を確認したうえで回収する。現地のカプセル回収責任者、西田信一郎・JAXA研究開発室長は「カプセルの回収は予定通りに順調に進みそうだ。あとは耐熱カバーの発見を目指したい」と話した。」

「はやぶさ:カプセルを回収 18日にも日本到着

2010年6月14日 17時59分 更新:6月14日 23時25分 毎日jp

20100615k0000m040066000p_size5.jpg
小惑星探査機「はやぶさ」から切り離されたカプセルをウーメラ砂漠で回収するJAXAの研究者ら。火薬がついている可能性があるため防護服を着て作業している=宇宙航空研究開発機構提供

20100615k0000m040056000p_size5.jpg
小惑星探査機「はやぶさ」のカプセルが入ったコンテナを、回収作業拠点施設に運び込む宇宙航空研究開発機構の研究者ら=2010年6月14日午後、オーストラリア・ウーメラ付近で、共同

 【ウーメラ(オーストラリア南部)永山悦子】宇宙航空研究開発機構(JAXA)は14日、小惑星探査機「はやぶさ」から切り離された、イトカワの砂などが入っていると期待されるカプセルを、オーストラリア南部のウーメラ砂漠で回収したと発表した。内部に物質が含まれていれば、太陽系46億年の歴史に迫る新発見につながる可能性が高い。

 JAXAの研究者らが14日午後、発見場所でカプセルを確認し、破損していないことを確かめた。カプセルは窒素で満たした専用箱に入れ、輸送時の衝撃を防ぐ対策を取った上で、チャーター機で17日午後出発、18日、日本に到着する。行方が分からなかったカプセルの耐熱カバーも14日に見つかった。

 日本到着後、JAXA宇宙科学研究所(相模原市中央区)の専用施設で、1~数カ月かけてイトカワの砂などの有無を調べる。現地でカプセル回収作業にあたった国中均・JAXA教授は「完ぺきな大気圏突入で、事前準備通りに回収できた。想定していた落下地点のど真ん中に落ちたことが分かり感動した」と話した。」

「はやぶさ帰還に感動「息子のよう」「日本の誇り」

2010年6月14日(月)21時39分配信 読売新聞

 7年ぶりの地球帰還を果たした探査機「はやぶさ」の活躍は、天文ファンにとどまらず、多くの市民に感動を呼んだ。

 東京駅前にある宇宙航空研究開発機構の広報施設「JAXAi(ジャクサ・アイ)」には14日、普段の月曜日の倍を超える約900人が来場した。

 はやぶさが探査した小惑星「イトカワ」の模型があり、そのそばにはノートが置かれている。「自分の息子が帰って来たようでとてもうれしい」「7年間おつかれ様。日本人の誇りだよ」などと、来場者が次々にメッセージを書き込んでいた。

 仕事帰りに来た川崎市、アルバイト中田紘美さん(30)は、「不景気でどんよりした世の中で、本当にうれしい話。明日から頑張ろうという気持ちになりました」と話していた。

 はやぶさの生まれ故郷とも言える同機構宇宙科学研究所(神奈川県相模原市)の展示施設にも同日、家族連れなど約170人が訪れた。子供と一緒に来場した東京都狛江市の主婦辻尚子さん(35)は「はやぶさの実物大模型を見て、こんなに小さいのに7年も宇宙を飛んでいたことに驚いた。頑張って帰還した話は、子供たちにも夢を与えてくれた」と語った。」



最近の話題では、『はやぶさ君』の偉業は凄い事でしたね。
日本の技術も世界的に注目されるレベルになっています。
それにしても『はやぶさ君』とJAXAのスタッフは頑張りましたね。
ところが民主党政権ときたら科学技術を軽視してます。
科学技術予算は悪名高い『事業仕分け』で大幅削減されています。
どれだけ日本を陥れたいのか、こんな民主党政権が国民に支持される理由が判りません。
民主党政権の肩を持つNHKをはじめとするTV局は、一切『はやぶさ君』の中継も報道もありませんでした。
『はやぶさ君』の後継機は民主党政権による科学技術予算の大幅削減で製作が大変困難というよりも不可能のようです。
アホな『子供手当て』を止めれば作れるんですけどね。
何故、マスゴミは、民主党政権の科学技術予算削減による『はやぶさ君』の後継機の開発不可能という弊害を大々的に報道し、追及しないのでしょうか!?
これだけ、『はやぶさ君』の快挙が有名になっているというのに、マスゴミは一部を除いて民主党政権を批判せず、ダンマリを決め込んでいます。
日本にとって、有利な報道をせず、日本にとって不利な報道ばかりをするマスゴミ。
日本のマスゴミには、『朝鮮学校出身者』が多いというのは本当なんでしょうね。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、どうやらマスゴミには、民主党を応援する為の『プランC』という国民を欺く為の洗脳計画があるらしいです。以下、西村幸祐氏が明かしている情報で、チャンネル桜の緊急討論からの引用です。

『【重要 各位厳守のこと】
御存知のように、本日6月2日にプランCが発動されました。
つきましては、かねての手順どおりに行動していただくようにお願い申し上げます。
念のために、大まかな指針を記入しておきますが、確認後は即時ご処分ください。
1. 今週一杯は代表選・組閣で民主党を持ち上げること。
2. 来週一杯は新総理・新閣僚の紹介で民主党を持ち上げること。
   (この間郵政改革法案強行採決があるが無視すること)
3. 14日から16日までは終盤国会の新閣僚奮闘で持ち上げること。
4. 17日から23日までは国会閉会後の民主党新人候補の活動中心に報道。
5. 24日の参院選告示後は、公平な報道に尽力すること。』

以上、マスゴミの国民を欺く為の洗脳計画は実在するようですよ。

はやぶさ―不死身の探査機と宇宙研の物語 (幻冬舎新書)

はやぶさ―不死身の探査機と宇宙研の物語 (幻冬舎新書)

  • 作者: 吉田 武
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2006/11
  • メディア: 新書



宇宙開発の50年 スプートニクからはやぶさまで (朝日選書 828)

宇宙開発の50年 スプートニクからはやぶさまで (朝日選書 828)

  • 作者: 武部 俊一
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞社
  • 発売日: 2007/08/10
  • メディア: 単行本



小惑星探査機 はやぶさの大冒険

小惑星探査機 はやぶさの大冒険

  • 作者: 山根 一眞
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2010/07/29
  • メディア: 単行本



民主党政権では日本が持たない

民主党政権では日本が持たない

  • 作者: 櫻井 よしこ
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2010/05/29
  • メディア: 単行本



裏切りの民主党

裏切りの民主党

  • 作者: 若林 亜紀
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2010/04/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



民主党政権で日本経済が危ない!本当の理由

民主党政権で日本経済が危ない!本当の理由

  • 作者: 三橋 貴明
  • 出版社/メーカー: アスコム
  • 発売日: 2009/11/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



民主党が日本経済を破壊する (文春新書)

民主党が日本経済を破壊する (文春新書)

  • 作者: 与謝野 馨
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2010/01
  • メディア: 新書



民主党政権で日本は滅びる (WAC BUNKO)

民主党政権で日本は滅びる (WAC BUNKO)

  • 作者: 山際澄夫
  • 出版社/メーカー: ワック
  • 発売日: 2010/03/03
  • メディア: 新書



民主党政権と破壊衝動

民主党政権と破壊衝動

  • 作者: 辻 貴之
  • 出版社/メーカー: 産経新聞出版
  • 発売日: 2010/02/28
  • メディア: 単行本



民主党政治の正体 角川SSC新書

民主党政治の正体 角川SSC新書

  • 作者: 渡辺 喜美
  • 出版社/メーカー: 角川SSコミュニケーションズ
  • 発売日: 2010/01/10
  • メディア: 新書



マスコミは、もはや政治を語れない 徹底検証:「民主党政権」で勃興する「ネット論壇」 (現代プレミアブック)

マスコミは、もはや政治を語れない 徹底検証:「民主党政権」で勃興する「ネット論壇」 (現代プレミアブック)

  • 作者: 佐々木 俊尚
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/02/26
  • メディア: 単行本


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ


nice!(22)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 22

コメント 4

「直chan」

NHKスペシャルとかで、これまでの軌跡とか、特集組んでくれないだろうか……と、ちょっと、期待しています。ま、サンプル採取に失敗していれば、盛り上がりも半減してしまうでしょうけど……。
by 「直chan」 (2010-06-15 03:35) 

gaiagear

「直chan」さん、nice!&ご訪問&コメントどうも有難う御座います。
NHKは、全く、一切、『はやぶさ君』関連の特集の放送の予定はないそうです。
それどころか、国民の非難の声に対し、『国営放送ではないので放送はしない』とのことで、『はやぶさ君』の映像が見られる他のサイトをしぶしぶ紹介するという有様です。
この日本にとっての世界的快挙を何故放送しないのか、理解に苦しみます。
『反日捏造放送』は勝手に放送するくせに呆れたものです。
国民から受信料を取っておきながら、国民の要望には応えないというのは納得できません。
by gaiagear (2010-06-15 10:05) 

kotobukimaru

今朝の朝7時のニュース、酷かったですね。
約15分つかってトップからW杯。
テレビからうるさい音と馬鹿ものたちの騒ぎ声が流れ続けました。

小林議員の辞任もこのタイミングを狙っていたようで
このまま国民に忘れ去られるのか。
民度の低い国民にそれを助長するマスゴミ。

渋谷で暴動を起こす馬鹿どもも向かう先が違うんじゃないですかね。
by kotobukimaru (2010-06-15 10:32) 

gaiagear

kotobukimaruさん、nice!&ご訪問&コメントどうも有難う御座います。
W杯開幕で韓国戦を2回も放送するNHK。
半島人の試合を見るために我が家のTVは存在しない。
NHK、勘違いするな!といいたいですね。
北教組の容疑者は全員『有罪』で、小林議員も辞任しましたが、目立った報道はあえてしませんでしたね。
私は、あまりにもバカバカしくて、最近はスカパーのアニマックス以外、TVを見ていません。
NHKも解約しようと思います。
by gaiagear (2010-06-15 10:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。