So-net無料ブログ作成

米軍、世界中を1時間以内に攻撃できる超音速無人攻撃機初飛行実験!! [国際・政治情勢]

「米軍の超音速機X51Aが25日に初飛行へ 1時間以内に敵基地撃破の新兵器

2010.5.23 01:20 産経新聞

amr1005230120001-p1.jpg
X51ウェーブ・ライダーの完成予想図(ボーイング社提供)

amr1005230120001-p2.jpg
戦略爆撃機B52の翼に固定されたX51 ウェーブ・ライダー(白い扁平型のミサイル型航空機)=エドワードズ空軍基地のHP提供

amr1005230120001-p3.jpg
B52(米空軍提供)

 【ワシントン=佐々木類】米空軍が25日、地球上のあらゆる場所を1時間以内に攻撃できる超音速航空機X51Aウエーブライダーの初飛行実験を行うことが分かった。巡航ミサイルをモデルとした無人攻撃機で、洞窟(どうくつ)に潜むテロリストや敵基地を軍事衛星の誘導で“奇襲攻撃”する21世紀型の新兵器だ。2020年ごろの配備を目指す。

 X51Aは米ボーイング社などが03年から開発に本格着手した。「通常即応グローバルストライク」(PGS)と呼ばれるミサイル兵器の一種で、B52戦略爆撃機に搭載。発射後、5万フィート(約1万5千メートル)の高高度まで上昇し、マッハ5(時速約6120キロ)で滑空する無人攻撃機だ。アフガニスタンの洞窟に潜むテロリストや、発射台に設置された北朝鮮のミサイル、イランの核関連施設を1時間以内に攻撃できる。

 通常兵器による攻撃の所要時間は最大で96時間かかるとされ、大幅な時間の短縮となる。

 米空軍は25日、天候が良ければ、カリフォルニア州エドワーズ空軍基地からB52に搭載、南カリフォルニア海岸沖で5分間の飛行実験を行う。」

「米空軍X51A開発 オバマ政権、新型通常兵器で抑止力を維持

2010.5.23 01:20

amr1004241917007-p1.jpg
日本周辺での核兵器配備状況

 【ワシントン=佐々木類】初の飛行実験を25日に行う米空軍の超音速航空機X51Aは、核兵器を削減する一方で新たな通常兵器の実戦配備により軍事的優位を確保し、これを抑止力とするオバマ政権の新戦略の柱となる。

 オバマ政権は4月、「核戦略体制の見直し」(NPR)の中で、核兵器削減など軍事戦略の大胆な方針転換に踏み切った。NPRは同時に、原子力潜水艦に搭載可能な核搭載型巡航ミサイル「トマホーク」の退役も発表。「核の傘」への懸念を示す日本側に対し、大陸間弾道ミサイル(ICBM)や潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)で抑止力をカバーするとしていた。

 こうした大胆な戦略転換を可能とした背景に、「地球の裏側でも1時間以内に攻撃できる」(米空軍研究所)という、通常即応グローバルストライク(PGS)と呼ばれるX51Aの開発成功があった。

 米空軍研究所などによると、X51Aはトマホークの7倍の速さでグライダーのように滑空し、アラビア海上空から国際テロ組織アルカーイダが潜伏するとみられるアフガン内陸部まで約20分間で到達、目標をピンポイントで撃破する能力を持つ。このため、「核兵器の役割を縮小しながらも抑止力を維持することができる」(ケビン・チルトン米戦略軍司令官)という。

 ただ、高高度を飛ぶX51Aが核弾頭を搭載しているかどうか識別が難しく、米国による先制核ミサイル攻撃と誤判断する恐れがあると、ロシアは反発している。」



24日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、米空軍が地球上のあらゆる場所を1時間以内に攻撃できる通常兵器の開発に成功したとし、早ければ2014年の配備に向け計画を進めていると報じました。実戦配備されれば、核兵器の役割を縮小しながらも、通常兵器開発を進めて軍事的優位を確保し抑止力とするオバマ政権の新戦略の柱となります。
ただ、この計画については、核弾頭搭載ミサイルか通常兵器かの識別が難しく核戦争を誘発する恐れがあるとして、ロシアが反発してきた経緯があり、実戦配備には曲折がありそうです。
新兵器は、軍事衛星を使った『通常即応グローバルストライク』(PGS)と呼ばれるミサイル搭載型の攻撃兵器で、アフガニスタンの洞窟(どうくつ)に潜むテロリストや発射台に設置された北朝鮮のミサイル、イランの核関連施設をピンポイントで攻撃できます。
長距離ミサイルに搭載して大気圏中をグライダーのように超音速で滑空し、照準地点近くで分離。衛星の誘導で1時間以内に標的を攻撃します。現在、通常兵器による攻撃の所要時間は最大96時間かかるとされ、大幅な時間短縮となります。同兵器の開発はブッシュ前政権時代にスタートしていました。
米政府はPGSに関して2011会計年度(10年10月~11年9月)予算に2億5千万ドル(約235億円)の調査費を計上しています。しかし、実戦配備にかかる費用は計測不能なため、議会側には『本質的で実に重要な兵器だが、費用がかかりすぎる』との声もあります。
PGSの配備をめぐっては新たな懸念も指摘されています。米国がPGSを発射した際、ロシアや中国が米国による先制核ミサイル攻撃と誤判断してしまう恐れがあるためです。ロシアは先の新核軍縮条約交渉でも『PGSを交渉対象として取り上げたがっていた』(米政府高官)といいます。

〈図説〉最新アメリカ軍のすべて (Rekishi gunzo series―Modern warfare)

〈図説〉最新アメリカ軍のすべて (Rekishi gunzo series―Modern warfare)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 学研
  • 発売日: 2003/07
  • メディア: ムック



図説 アメリカ空軍の次世代航空宇宙兵器 汎地球戦力ロードマップ2006-25 (ARIA ‘DNE MILITARY)

図説 アメリカ空軍の次世代航空宇宙兵器 汎地球戦力ロードマップ2006-25 (ARIA ‘DNE MILITARY)

  • 作者: 河津幸英
  • 出版社/メーカー: 三修社
  • 発売日: 2009/04/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



超陸戦兵器 FUTURE COMBAT SYSTEMS―21世紀の戦場を支配する近未来兵器と米陸軍改革の全貌 (ARIA‘DNE MILITARY)

超陸戦兵器 FUTURE COMBAT SYSTEMS―21世紀の戦場を支配する近未来兵器と米陸軍改革の全貌 (ARIA‘DNE MILITARY)

  • 作者: 河津 幸英
  • 出版社/メーカー: アリアドネ企画
  • 発売日: 2006/11
  • メディア: 単行本



図説 21世紀のアメリカ海軍―新型空母と海上基地 (ARIADNE MILITARY)

図説 21世紀のアメリカ海軍―新型空母と海上基地 (ARIADNE MILITARY)

  • 作者: 河津 幸英
  • 出版社/メーカー: アリアドネ企画
  • 発売日: 2007/09
  • メディア: 単行本



図説 アメリカ海軍の超戦闘艦&有事作戦 (ARIADNE MILITARY)

図説 アメリカ海軍の超戦闘艦&有事作戦 (ARIADNE MILITARY)

  • 作者: 河津 幸英
  • 出版社/メーカー: 三修社
  • 発売日: 2008/05/01
  • メディア: 単行本



アメリカ特殊部隊―写真・図版で徹底解剖!!作戦・装備・兵器

アメリカ特殊部隊―写真・図版で徹底解剖!!作戦・装備・兵器

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 東洋書林
  • 発売日: 2002/12
  • メディア: 単行本



21世紀の米軍戦闘機―最強のファイター王国・アメリカ (ミリタリー選書)

21世紀の米軍戦闘機―最強のファイター王国・アメリカ (ミリタリー選書)

  • 作者: 坪田 敦史
  • 出版社/メーカー: イカロス出版
  • 発売日: 2005/09
  • メディア: 単行本


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(6)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 6

コメント 3

ツナ

とってもかっこいい!!

ゾイドファンの俺にはたまりません!
by ツナ (2010-05-23 23:46) 

gaiagear

ツナさん、nice!&ご訪問&コメントどうも有難う御座います。
本当に米国もスゴイ物を開発しますよね。
どこかの『平和ボケ』して、安全保障問題を疎かにしている国に、米国の爪の垢を飲ませてやりたいですよ。
by gaiagear (2010-05-24 13:54) 

Cialis reviews

沒有醫生的處方
cialis rezeptfrei sterreich http://cialisvipsale.com/ Cialis for sale
by Cialis reviews (2018-04-14 02:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。