So-net無料ブログ作成

矢が刺さった奈良公園のシカ死ぬ!! [社会情勢]

「奈良、矢の刺さったシカ死ぬ 文化財保護法違反の疑い

2010年3月15日(月)11:32 (共同通信)

PN2010031501000293_-_-_CI0003.jpg
腹に矢が刺さったシカ=13日(奈良署提供)

 奈良市の春日大社の参道近くで腹に矢が刺さり保護されていたシカが死んでいるのを、15日午前8時半ごろ、「奈良の鹿愛護会」が見つけた。同会によると、矢はシカの肺を貫通。14日朝から獣医師が手術をし、麻酔で眠らせていた。同日夕は息をしていたが、15日朝には、死んでいたという。奈良公園のシカは国の天然記念物に指定されており、奈良署は文化財保護法違反の疑いで調べている。」

「矢刺さった奈良のシカ死ぬ、肺まで傷

2010年3月15日(月)11:09 読売新聞

 奈良市の春日大社でボウガンの矢が腹部に刺さった状態で13日に見つかり、手当てを受けていた雌のシカが15日午前、死んだ。

 「奈良の鹿愛護会」によると、雌のシカは同会の保護施設「 鹿苑 ( ろくえん ) 」で縫合手術を受けるなどの治療を受けたが、傷が肺まで達しており、同日午前8時半頃、死んでいるのが確認された。

 同会の池田佐知子事務局長は「先人が1300年以上守り続けてきた人と鹿の共生を裏切る行為で、憤りを覚える」と話した。」


とうとうボウガンの矢が腹に刺さっていた奈良公園のシカが死んでしまいました。例のボウガンの矢は『殺傷能力』が明らかにある訳です。だいたいこういった弱い動物を標的にするような『愉快犯』はそのうち『人間』も平気で標的にするようにエスカレートしてしまうのが、犯罪心理学上の『常道』です。早く犯人を捜索して捕まえないと今度は人間を狙うでしょう。犯人は奈良公園のシカは『国の天然記念物』に指定されているのを知った上での犯行ですから、結構大胆な面を持っており、見つからないと踏んでやったということなのでかなりに悪質で狡猾ですね。私としては、殺されたシカの冥福を祈ると共に、犯人の早期発見・逮捕を願うのみです。

小さな命を私は救いたい―動物愛護運動・8の方法 (どうぶつタマコロ文庫)

小さな命を私は救いたい―動物愛護運動・8の方法 (どうぶつタマコロ文庫)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: どうぶつ出版
  • 発売日: 2000/11
  • メディア: 単行本



捨てられたいのちを救え! 生還した5000匹の犬たち

捨てられたいのちを救え! 生還した5000匹の犬たち

  • 作者: 石井 文子
  • 出版社/メーカー: 毎日新聞社
  • 発売日: 2008/08/29
  • メディア: 単行本



ドリームボックス―殺されてゆくペットたち

ドリームボックス―殺されてゆくペットたち

  • 作者: 小林 照幸
  • 出版社/メーカー: 毎日新聞社
  • 発売日: 2006/06
  • メディア: 単行本



動物の権利 (1冊でわかる)

動物の権利 (1冊でわかる)

  • 作者: デヴィッド・ドゥグラツィア
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2003/09/06
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



日本の動物法

日本の動物法

  • 作者: 青木 人志
  • 出版社/メーカー: 東京大学出版会
  • 発売日: 2009/08/06
  • メディア: 単行本



どうぶつたちへのレクイエム

どうぶつたちへのレクイエム

  • 作者: 児玉 小枝
  • 出版社/メーカー: 日本出版社
  • 発売日: 2005/02
  • メディア: 単行本



動物の命は人間より軽いのか - 世界最先端の動物保護思想

動物の命は人間より軽いのか - 世界最先端の動物保護思想

  • 作者: マーク・ベコフ
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2005/07/11
  • メディア: 単行本



動物からの倫理学入門

動物からの倫理学入門

  • 作者: 伊勢田哲治
  • 出版社/メーカー: 名古屋大学出版会
  • 発売日: 2008/10/30
  • メディア: 単行本


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

タグ:社会情勢
nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 8

コメント 2

ももね

このニュースはネットの見出しで知っていたのですが、
死んでしまっていたとは、gaiagearさんの記事で知りました・・。
無抵抗な動物に、こういう事をする人は、本当に許せないです。
同じ事が起きないように、早く犯人を捕まえて欲しいですね・・。
by ももね (2010-03-17 20:42) 

gaiagear

ももねさん、nice!&ご訪問&コメントどうも有難う御座います。
私は、今は飼っていないですが、以前は動物をたくさん飼っていたので、こういう『遊び』で動物の命を奪う人間の心情が分かりません。
私は坊さんの資格を持っている為、四足の動物の肉は食べませんので尚更です。
動物は人間のすさんだ心を癒してくれます。
動物には何の罪もないです。
犯人の早期逮捕を願っております。
by gaiagear (2010-03-18 00:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。