So-net無料ブログ作成

聯合艦隊浮上ス!!(8) [日本海軍]

「戦艦大和沈んだ海へ慰霊の旅、遺児世代計画

2010年01月31日 10時44分 読売新聞

3503317

 太平洋戦争末期の1945年4月、戦艦大和などが沈没した東シナ海を巡る慰霊の旅を、遺族らが3月に企画している。
 終戦から今年で65年。中心となるのは、高齢になった妻らに代わり、終戦時には幼かった子どもらだ。「もっと若い人たちにも、戦争のことを語り継ぎたい」とし、一般の参加者も募っている。
 大和を旗艦とした旧日本海軍第2艦隊10隻は、沖縄への途上、鹿児島・枕崎沖で米艦載機の攻撃を受け、6隻が沈没した。
 今回の旅を企画したのは、沈没した1隻、軽巡洋艦「矢矧(やはぎ)」の乗組員だった西田儀男さん(享年23)の長女で、横浜市泉区の主婦西岡登志美さん(67)らだ。西岡さんは父の死の際、2歳で、戦後、母の登志子さん(86)が女手一つで育てた。
 父の記憶がまったくない西岡さんは、成人してから、仏壇に納められていた父からの軍事郵便を見つけた。「登志美は大きくなっただろうか」「登志美をくれぐれも頼みます」。自分を気遣う言葉ばかりで、「手紙が父のすべてなんです」と今も大切にしている。
 遺族や生存者による洋上慰霊祭は、20年ほど前から行われているが、遺族は高齢化し、毎年のように訃報(ふほう)が届く。西岡さんは95年に母と参加したが、その後、母は認知症を発症、参加は難しくなった。
 西岡さんは「親の世代から戦争の記憶を引き継ぎ、次の世代に語っていかなければ」と考え、子ども世代を中心に、慰霊の旅を計画したという。
 3月19日に鹿児島市を出発。21日に6隻が沈んだ海域で慰霊祭を行った後、慰霊碑の置かれた鹿児島県・徳之島を訪れる。ツアー代金は12万8000円。」


戦艦大和の慰霊祭に関しては、御遺族が高齢化し、亡くなる方も多くなったとのことで、去年で終了すると言われていましたが、遺児の方々が引き継いで慰霊祭を続けられるとのことで、安心致しました。戦艦大和の水上特攻は、日本民族の『誇り』であるので、末永く語り継がれることを祈っております。




戦艦大和ノ最期 (講談社文芸文庫)

戦艦大和ノ最期 (講談社文芸文庫)

  • 作者: 吉田 満
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1994/08
  • メディア: 文庫



戦艦大和の闘い (双葉社スーパームック 超精密3D CGシリーズ 40)

戦艦大和の闘い (双葉社スーパームック 超精密3D CGシリーズ 40)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2008/03
  • メディア: 単行本



ドキュメント戦艦大和 <新装版> (文春文庫)

ドキュメント戦艦大和 <新装版> (文春文庫)

  • 作者: 吉田 満
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2005/10/07
  • メディア: 文庫



戦艦大和 (角川文庫)

戦艦大和 (角川文庫)

  • 作者: 吉田 満
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 1968/07
  • メディア: 文庫



真相・戦艦大和ノ最期―写真と新資料で解明!

真相・戦艦大和ノ最期―写真と新資料で解明!

  • 作者: 原 勝洋
  • 出版社/メーカー: ベストセラーズ
  • 発売日: 2003/06
  • メディア: 単行本



戦艦大和 最後の乗組員の遺言

戦艦大和 最後の乗組員の遺言

  • 作者: 八杉 康夫
  • 出版社/メーカー: ワック
  • 発売日: 2005/12
  • メディア: 単行本



「戦艦大和」と戦後 吉田満文集 (ちくま学芸文庫)

「戦艦大和」と戦後 吉田満文集 (ちくま学芸文庫)

  • 作者: 吉田 満
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2005/07/06
  • メディア: 文庫



戦艦大和の最後―一高角砲員の苛酷なる原体験 (光人社NF文庫)

戦艦大和の最後―一高角砲員の苛酷なる原体験 (光人社NF文庫)

  • 作者: 坪井 平次
  • 出版社/メーカー: 光人社
  • 発売日: 2005/03
  • メディア: 文庫


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

タグ:日本海軍
nice!(23)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 23

コメント 4

豪

こんばんは!

大和の沈没地点への慰霊祭は遺族の方の高齢化の為、もう行われないという話でしたが有り難いですね。

日本の為に散って行った方々なので大変でしょうが、ぜひ慰霊は継承していってもらいたいです。
by 豪 (2010-02-01 01:43) 

gaiagear

豪さん、ご訪問&コメントどうもありがとうございます!
本当に慰霊祭が継続することになってよかったです。
今我々が無事暮らしていけるのは、先人達の御蔭だと私は思います。
死者に対する最大の供養は『忘れないこと』だと思っております。
これからも慰霊祭が続いていくことを祈念致しております。
by gaiagear (2010-02-01 10:23) 

townsrus

私自身、人の親だからでしょうか。子供を残して死ななければならない兵士たちの無念さを想うと何も言えません。
by townsrus (2010-02-01 19:26) 

gaiagear

townsrusさん、nice!&ご訪問&コメントどうも有難う御座います。
どうもコメントが遅くなって済みません。2月に入って忙しかったものですから。
そうですよね。妻や子を残していかなければならない、しかも水上特攻では生還の確率はほとんどない訳ですから・・・。
彼ら先人たちの死を我々は忘れてはならないですね。
by gaiagear (2010-02-11 15:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。