So-net無料ブログ作成

栗塚旭・燃えよ剣 [時代劇]

[燃えよ剣]

[燃えよ剣:1966年:映画:モノクロ:92分]
1966年11月12日、松竹系にて公開された。

d532bc70d3c0cf02c49f1ed5d8a2cf84-1
<解説>
司馬遼太郎の同名小説を「阿片台地 地獄部隊突撃せよ」の加藤泰が脚色、「坊っちゃん(1966)」の市村泰一が監督した時代劇。撮影は「天下の快男児」の酒井忠。

<概要>
土方歳三の義兄は日野宿で町道場を開いているが、そこには天然理心流の近藤勇が出稽古に来る。歳三は女には手の早い青年だが剣も強い。それは、喧嘩剣法とも言うべき実戦向きのものだったが、たまたま、甲源一刀流の比留間半造、六車宗伯、七里研之助が道場破りに来た時七里と相対しこの相手に宿命的なつながりを予感した。世が騒然としている中で、近藤は時流を見つめて読書に耽っていた。一方、歳三は、六所明神の神官下猿渡佐渡守の妹で、夫に死別した佐絵という高貴な女性と知り合い、深い仲になっていった。だが、彼は乱世においては剣だけが頼りであることを知っている。ある日、歳三が無法にも闇討ちをかけてきた六車を斬ったことから、七里は彼に勝負を申し込んできた。二人の勝負は結着がつかず、ついに、比留間一門と近藤一門の者たちが、河原で激突することになった。この争いで近藤一門は勝ったが、今度も七里と歳三の勝負はつかなかった。それから五年後--清川八郎が浪士隊を率いて京都に上り、尊王派に寝返ったりして動乱が京洛に渦巻く頃、左絵と別れた歳三は近藤を押し立て、新選組を組織して活躍を始めた。やがて、沖田総司からの情報で佐絵が勤王派に属していることを知った歳三は佐絵と再会した。しかし、その時現われたのが七里研之助。再三相対した二人は、またもや結着のつかぬまま別れた。やがて、勤王派の動きが激しくなってくると、新選組は彼らの謀議の場所と時刻をつきとめようとし、佐絵を捕えた。歳三は複雑な想いだったが、佐絵の望みで、二人だけで会った。その時の佐絵の情報は、「今夜五ツ、池田屋」というものだったが、もう一つの情報では、場所が“丹虎"だった。新選組は迷い二手に分かれて、それぞれ目的の場所に向ったが、結局、佐絵の言葉の正しいことが分った。そこで歳三は七里と相対した。それは最後の勝負とは思えない程あっけなく、七里は歳三の前に敗れ去った。やがて池田屋騒動も終り、歳三は佐絵の許に駆けつけたが、佐絵は自害して果てていた。

<スタッフ>
監督:市村泰一 イチムラヒロカズ
製作:小角恒雄
原作:司馬遼太郎 シバリョウタロウ
脚色:加藤泰 カトウタイ
撮影:酒井忠
音楽:渡辺岳夫 ワタナベタケオ
美術:芳野尹孝 ヨシノノブタカ
編集:木村幸雄 キムラユキオ
録音:高橋太朗 タカハシタロウ
スチール:佐々木千栄治
照明:寺田重雄 テラダシゲオ

<キャスト>
土方歳三:栗塚旭クリヅカアサヒ
近藤勇:和崎俊哉ワザキシュンヤ
沖田総司:石倉英彦 イシクラヒデヒコ
七里研之助:内田良平ウチダリョウヘイ
津川八郎:天津敏 アマツビン
芹沢鴨:戸上城太郎 トガミジョウタロウ
六車宗伯:上杉高也
比留間半造:新宮寺寛
佐絵:小林哲子 コバヤシテツコ
歳三の義兄:北村英三 キタムラエイゾウ

燃えよ剣(1)

燃えよ剣


燃えよ剣 OP


燃えよ剣「土方歳三 和泉守兼定との出会い」


土方歳三、雪との出会い(1)


土方歳三、雪との出会い(2)


燃えよ剣「沖田総司と山南敬助」


伊東甲子太郎暗殺


燃えよ剣「新選組副長土方歳三」

[燃えよ剣:1970年:TVシリーズ:全26話:カラー]

<解説>
40年程前、司馬遼太郎先生原作の「燃えよ剣」がテレビドラマ化されました。
脚本家の結束信二先生と河野寿一監督の名コンビで始まったこの作品は、40年近く経った今でも多くのファンに愛し続けられています。
この「燃えよ剣」という話は、今まで幾度となく映像化されてきました。しかし、このドラマほど原作を理解し、しかもオリジナリティに優れた作品はないとされています。また、この作品は登場人物一人一人の個性、並びに人生を感じさせるものでした。
低予算で、駆け出しの俳優を起用し始まったこの作品は、決して派手ではないけれど、いつまでも観た者の心に残る作品なのです。
私がこの作品に出会ったのはつい最近のことです。新選組を既にご存じの方には一部史実と違った脚色もあり違和感を覚えることもあろうかと思いますが、新選組幹部だけでなく隊士それぞれの生きざま、そして長州・薩摩・土佐など幕末に関わった人々の息遣いが伝わってきます。
40年程前に作られたドラマが、何故現代の人々をも魅了するのか。ビデオ化され、ますますその年齢層は拡がっています。中には、親子でファンだという方もいらっしゃいます。
是非一度は観ていただきたい作品です。

<概要>
多摩時代から新選組結成、各地での戦闘、そして箱館戦争において土方歳三が戦死するまでが描かれている。

冒頭では土方が多摩で女が原因のトラブルから人を斬ってしまい、相手方の関係者と斬り合いになったりする。しかし、新選組の副長になってからは局長の近藤勇を影からバックアップし、組織作りに才能を発揮し鉄の掟を持つ新選組を作った。

後半、近藤勇が負傷し動作に支障が出る状態となり、沖田総司は病に冒され、永倉新八や斎藤一などの主要メンバーが脱退し、近藤が捕われて実質上新選組が崩壊し、土方が宇都宮、会津、箱館と転戦して旧幕府軍として戦うさまが描かれている。

<放送・制作>
放送系列: NET(現 テレビ朝日)
放送年月日: 1970年4月1日〜9月23日(全26回)
放送日時: 毎週水曜日 21時〜21時56分
制作; NET、東映京都テレビプロダクション

<スタッフ >
原作: 司馬遼太郎
脚本: 結束信二
監督: 河野寿一、松尾正武
音楽: 渡辺岳夫

<キャスト>

土方歳三: 栗塚旭
近藤勇: 舟橋元
沖田総司: 島田順司
永倉新八: 黒部進
原田左之助:西田良
斉藤一: 玉生司郎
山崎烝: 中野誠也
藤堂平助: 平沢彰
井上源三郎: 北村英三
河合耆三郎: 香月凉二
島田魁: 波多野博
山南敬助: 河上一夫
松原忠司: 小山田良樹
七里研之助: 亀石征一郎
芹沢鴨: 名和宏
伊東甲子太郎: 外山高士
新見錦: 飯沼慧
篠原泰之進: 高角宏暁
野口健司: 末田明
服部武雄: 芦田鉄雄
平山五郎: 出水憲司
清河八郎: 御木本伸介
平間重助: 森章二
榎本武揚: 横森久
大鳥圭介: 長谷川明夫
松平太郎: 中田博久
吉田稔麿: 楠年明
北添佶麿: 川谷拓三
佐絵: 赤座美代子
裏通り先生(町医者): 左右田一平
伝蔵(八木家の下男): 小田部通麿
お雪(土方の愛人): 磯部玉枝
桝屋喜右ヱ門: 幸田宗丸
お光: 葉山葉子
松本捨助(※その他多数): 井上茂


<放映リスト(話数・サブタイトル・放送日・あらすじ)>
第1話「新選組前夜」 1970.4.1

 疫病の流行で二進も三進も行かなくなった町道場は、降って湧いた浪士隊結成話に乗り道場主以下全員大挙して京へ。金策に走る歳三の段で、彼の周囲と行く手に待つ因縁を語る。


第2話「春の月かげ」 1970.4.8

 清河八郎を「勘」で悪人とした歳三に近藤も同調、新党を樹てる方向で進み、会津への伝手のため嫌々芹沢を引き入れる。清河が去った京で近藤派は隊士徴募をはじめるが、刺激された芹沢派がまず着手するのは押し借りだったりして、齟齬は隠しきれない。

第3話「三条木屋町 紅屋」 1970.4.15

 続々と増える隊士、着々と整えられる体制。そして勇猛果敢な土方・沖田の活躍で会津中将からは褒賞金が下されるが、事件の裏に哀しい女がいることも気にかける、「男の中の男」たちなのだった。


第4話「里御坊の女」 1970.4.22

 隊旗が出来上がり、粘り勝ちで大砲も貰い隊士も益々増えて順風満帆の日々。しかし浪士狩りを進めるうち引っ掛かってきた怪しのアジトに巣食っていたのは、多摩のしがらみだった。


第5話「祇園 島原」 1970.4.29

 洛中の商家に白昼大砲を放つという挙に出る芹沢、遂に会津から粛清の内意。軍師の新見を失った芹沢は荒れるばかり、雷鳴凄まじい夜に消える。

第6話「残陽 奈良街道」 1970.5.6

 不逞浪士の的にされる新選組、後詰の隊士が斬られた事件の裏には内通者。卑劣な者たちにも相応の理由、それを沖田が病を自覚する経緯にからめてある。

第7話「鬼の通る町」 1970.5.13

 気さくな源さんや穏やかな沖田を見て、新選組を鬼という町の噂は嘘と、夫の入隊を寿ぐ女。しかし峻烈な隊規を持つ集団は、やはり鬼でしかなかった。

第8話「月明無名小路」 1970.5.20

 プレ池田屋、枡屋に一話を割く。監察が目をつけ近藤土方が乗り出して、というメインの筋に、枡屋従業員の男女の哀話を挿入。布石としては、新選組の仕事にすると意気込む土方が目立つ。


第9話「京三条池田屋」 1970.5.27

 池田屋本編、当の旅籠へ潜入する山崎にウェイトが置かれ、気に掛けてやった女中の亭主が一味の浪士という悲話を入れてある。方針決定に際し、大博打だ俺の勘だとギョロ目をむく歳さんがなかなか。


第10話「堀川の夜雨」 1970.6.3

 運命の女・お雪と出会う歳三。長州の進軍で情勢緊迫する戦いの前夜、堀川沿いの家で二人だけの静かな時を持つ。


第11話「眞葛ヶ原の朝霧」 1970.6.10

 谷三十郎の話、禁門ノ変で戦いの場に出られず苛つく土方のくだりからもう、谷のイヤげな振る舞いが描かれている。大恥をかくところだった谷を助けて重傷を負った若き隊士は、非難めいたことを一切口にしないが、他ならぬ祇園の芸妓の口から漏れる、京らしい逸話。


第12話「策士」 1970.6.17

 入隊前から乗っ取り策を講じていた伊東甲子太郎だが、嗅ぎつけられたと知るや尽くしてくれた門下生夫婦に刺客を送る。腹を読んだ土方の視線が伊東に突き刺さる。

第13話「近江の宿」 1970.6.24

 山南脱走・切腹の話。沖田と土方の会話で「嫌われ者を引き受ける副長」が語られ、その役割のまま「蛇蝎」は皆の嘆願をはねつけて軍規を守る。


第14話「壬生 星あかり」 1970.7.1

 壬生からお西さんへ引越し、この際発覚する間者。彼が隊士になりおおせるために消された男の消息は知りようもなく、深い喪失感が残される。


第15話「わかれ雲」 1970.7.8

 伊東甲子太郎分派の流れを、藤堂平助を芯に据えて描く。狡猾な伊東の計略に加え、山南の言葉ともう一つ、図らずも斬ってしまった哀しい縁が彼の背を押す。


第16話「残月油小路」 1970.7.15

 かつて腹心に評された通り、才子は才に溺れ横死する。来なければいいのにと皆案じていた男はきっちり油小路に駆けつけてきて、節義に殉じると誓った男の刃にかかる。


第17話「落日の町」 1970.7.22

 大政奉還に続き王政復古の大号令、新選組が活動を自粛するや跋扈する天誅浪士たち。憂色濃く皆頭を垂れるなか、「逆境に強い」男は一人気炎を吐く。


第18話「京の町の夜」 1970.7.29

 新選組は伏見に布陣と決まり明日は出発の夜、隊士たちに朝までの暇が出される。青春を埋めた町に思い思いに散ってゆく男たち、新選組最後の「京の町の夜」。

第19話「砲声」 1970.8.5

 伏見奉行所に陣を構える新選組、憂色益々濃く垂れ込めるなか、狙撃された近藤が離脱。戦国武将のような会津の爺さまが兵を率いて合流、年明けてまもなく戦端は開かれる。


第20話「炎の戦陣」 1970.8.12

 白兵の突撃に降る砲弾の雨嵐、次々と斃れゆく隊士たち。劣勢目を蔽うばかりの戦況のなか、か弱き者を捨て置けぬ侍がいた。


第21話「波の入り日」 1970.8.19

 潰走のさなか一人またひとり斃れゆく隊士たち、やっと辿り着いた大坂城には将軍の姿無く、再戦の機会は失われる。その大坂でお雪を見た歳三は、照れながらも悪びれず、女がいると皆に打ち明ける。


第22話「流離の日」 1970.8.26

 甲陽鎮撫隊壊滅後、原田・永倉と袂を分かち流山に布陣する近藤たち。官軍に包囲され戦が迫るが、近藤は狩り集めた若者たちの家族の嘆きを聞いてしまう。

第23話「沖田総司」 1970.9.2

 病いよいよ篤い沖田が暮らす離れを、懐かしい人が訪れ、去ってゆく。官軍は遂に江戸入り、彰義隊は破れ、土方は脱走軍に身を寄せ北関東に勇名を馳せる。

第24話「北へ」 1970.9.9

 脱走軍の拠点となりつつあった仙台だが、執政が代わった途端旧幕府勢は追われる。蝦夷に独立国をと夢を語る榎本武揚に従い、土方は軍艦で北へ。

第25話「シノビリカ」 1970.9.16

 鮮やかに松前城を陥し、戦場にいた藩主の正室には紳士的な態度を示し、兵士たちのみならず榎本にも大いに感心される土方だが、京を去ってのちの彼には「余分」な日々。そして官軍の攻撃が迫る日、追憶の彼方から愛しいひとがやって来る。


第26話「新選組副長 土方歳三」 1970.9.23

 「軍神」は勝ち続けるものの他は総崩れ、益体もない軍議が開かれるが、最早無意味と列席しても黙す土方。総攻撃前夜、懐かしい仲間が夢に現れ、土方は伝蔵が守り抜いてくれた誠の旗を身に着けて単騎官軍の陣地へ。

燃えよ剣 [DVD]

燃えよ剣 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 松竹ホームビデオ
  • メディア: DVD



燃えよ剣(1) [VHS]

燃えよ剣(1) [VHS]

  • 出版社/メーカー: 東映ビデオ
  • メディア: VHS



燃えよ剣(2) [VHS]

燃えよ剣(2) [VHS]

  • 出版社/メーカー: 東映ビデオ
  • メディア: VHS



燃えよ剣(3) [VHS]

燃えよ剣(3) [VHS]

  • 出版社/メーカー: 東映ビデオ
  • メディア: VHS



燃えよ剣(4) [VHS]

燃えよ剣(4) [VHS]

  • 出版社/メーカー: 東映ビデオ
  • メディア: VHS



燃えよ剣(5) [VHS]

燃えよ剣(5) [VHS]

  • 出版社/メーカー: 東映ビデオ
  • メディア: VHS



燃えよ剣(6) [VHS]

燃えよ剣(6) [VHS]

  • 出版社/メーカー: 東映ビデオ
  • メディア: VHS



燃えよ剣(7) [VHS]

燃えよ剣(7) [VHS]

  • 出版社/メーカー: 東映ビデオ
  • メディア: VHS



燃えよ剣(8) [VHS]

燃えよ剣(8) [VHS]

  • 出版社/メーカー: 東映ビデオ
  • メディア: VHS



燃えよ剣(9) [VHS]

燃えよ剣(9) [VHS]

  • 出版社/メーカー: 東映ビデオ
  • メディア: VHS



燃えよ剣(10) [VHS]

燃えよ剣(10) [VHS]

  • 出版社/メーカー: 東映ビデオ
  • メディア: VHS



燃えよ剣(11) [VHS]

燃えよ剣(11) [VHS]

  • 出版社/メーカー: 東映ビデオ
  • メディア: VHS



燃えよ剣(12) [VHS]

燃えよ剣(12) [VHS]

  • 出版社/メーカー: 東映ビデオ
  • メディア: VHS



燃えよ剣(13) [VHS]

燃えよ剣(13) [VHS]

  • 出版社/メーカー: 東映ビデオ
  • メディア: VHS



燃えよ剣 ミュージックファイル

燃えよ剣 ミュージックファイル

  • アーティスト: TVサントラ,渡辺岳夫
  • 出版社/メーカー: バップ
  • 発売日: 1998/10/21
  • メディア: CD



燃えよ剣〈上〉 (新潮文庫)

燃えよ剣〈上〉 (新潮文庫)

  • 作者: 司馬 遼太郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1972/05
  • メディア: 文庫



燃えよ剣〈下〉 (新潮文庫)

燃えよ剣〈下〉 (新潮文庫)

  • 作者: 司馬 遼太郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1972/06
  • メディア: 文庫



映画・テレビ完全ガイド 燃えよ!新選組

映画・テレビ完全ガイド 燃えよ!新選組

  • 作者: 山村 竜也
  • 出版社/メーカー: たちばな出版
  • 発売日: 2003/12
  • メディア: 単行本


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

タグ:時代劇
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。